葬儀の服装教えます!今泉の服装チェック

知っておいて損ではないお葬式の用語

2020年12月29日

葬儀に使われる用語をどれだけ知っているでしょうか。遺族は故人の家族のことで、一般的には、故人の両親や配偶者、子供、兄弟姉妹のことを指します。そして葬儀は、葬送儀礼を略した言葉であることをご存知でしょうか。看取りから始まり、四十九日の忌明けまで、一連の故人を葬る作業や儀式のことをいいます。また、こうした儀式が行なわれる施設(会館)には、公営のものと民間の事業社が運営する施設があります。その民間の事業社では、祭事の執行を請け負っています。

続きを読む

葬儀業者に相談して希望に合った葬儀を実現させよう

2020年12月22日

葬儀を執り行うには、費用がかかります。予算内で希望に合うお葬式を実現させたいと考えるなら、まず複数の業者さんを比較することが大切です。多くの業者さんは無料で見積りの依頼に対応してくれます。複数の業者さんに見積りを依頼すれば、予算内で執り行ってくれる業者さんを見つけやすいので安心です。また、また、多くの業者さんは24時間年中無休で電話のお問合せに対応しています。深夜帯などの急な葬儀の相談はもちろんのこと、すぐに執り行わない葬儀に関すること、また、予算や要望などがある場合もしっかり話を聞いたうえで、親身になって対応してくれます。

続きを読む

葬儀には知識よりも常識が求められる

2020年12月16日

葬儀に関する知識というのは少なくとも参列する時に無礼にならないようになるという程度のことで十分です。それで十分であるとは言えるのですが実際問題それこそが最も重要なことであり、ミスをしないようにしましょう。社会人ともなれば参列する機会も増えるでしょうし制服というのもないでしょうから、喪服は用意しておきましょう。喪服というのはお葬式のための服ということになりますが最上位のものである必要性はないです。あくまで一般的に喪服として使えるものとして最低限の形が整っているのであればそれで良いです。

続きを読む

終活で遺言書を作成する利点や注意点

2020年12月02日

一昔前は亡くなる時のことを考えて準備するのは縁起が悪いこととして避けられる傾向にありましたが、今の時代では最期の時に備えて準備することは珍しくなくなりました。そのことから終活と言う言葉も身近になりましたが、何から手をつけたら良いかわからないという人も多いです。終活と一口に言ってもあらゆる方法がありますが、その中でも注目しておくべき点となるのが遺言書の作成ではないでしょうか。遺言は一般的には亡くなる前に、残される遺族に宛てて自分の意思を書いておく書類であり、感謝の気持ちを書くだけではありません。

続きを読む

亡くなってから目まぐるしい時期

2020年11月13日

葬儀が終ると、新盆・お彼岸・1周忌がやってきます。家族葬や社葬、密葬などの種類があるように、地域によって異なるお盆の期間があり、法要の手順を喪主(遺族)は知っておくべきです。春と秋にはお彼岸があり、1周忌が執り行えれば、ようやく安堵感が湧いてくるといいます。しかし、その後も三回忌法要があり、最終的には三十三回忌の法要で終了といわれていますから、それまでは故人を偲ぶ気持ちを持ちながらの生活になるでしょう。

続きを読む

Blog Menu

Archive List