葬儀の服装教えます!今泉の服装チェック

亡くなってから目まぐるしい時期

2020年11月13日

葬儀が終ると、新盆・お彼岸・1周忌がやってきます。家族葬や社葬、密葬などの種類があるように、地域によって異なるお盆の期間があり、法要の手順を喪主(遺族)は知っておくべきです。春と秋にはお彼岸があり、1周忌が執り行えれば、ようやく安堵感が湧いてくるといいます。しかし、その後も三回忌法要があり、最終的には三十三回忌の法要で終了といわれていますから、それまでは故人を偲ぶ気持ちを持ちながらの生活になるでしょう。

続きを読む

葬式は基本的には自由にやってよい

2020年11月11日

葬式には仏式がメインとなっている傾向がありました。これは日本人に仏教徒が多いからという理由もありますが、それ以外にも神式やキリスト教式もあります。あんまり参列する機会は多くないでしょうが、仏式以外でも行われることがあるというのは理解しておいて備えておくとよいでしょう。但し、礼儀作法などに関しては仏式のものをベースにして振舞って大丈夫です。最近ではあんまり宗教にとらわれることのない形式で葬儀をしたりとかそういうことも増えています。

続きを読む

葬儀を依頼する業者を選ぶポイント

2020年11月08日

身近な人が亡くなった際には、残された遺族が葬式を執り行うことが一般的です。滅多に執り行う機会はなく、当然のことですが葬儀はリハーサルをしたりやり直しができるものではないからこそ、満足できる葬式にするためには準備が重要になってきます。いかにしっかり準備をするかがポイントですが、まずは信頼できる葬儀業者を見つけることから始めましょう。今の時代は数多くの業者が存在しており、インターネットを使うことで簡単に見積もりを取ることができます。

続きを読む

現代なら必要な、終活を行うには

2020年11月03日

いろいろな個人情報を日常的に共有できない現代では、それなりに終活をすることが必要ですし、葬儀の規模なども指定することで、遺族が困ることはありません。高齢化社会では、頻繁に人が亡くなることがありますし、地域のしきたりもあいまいになっている現状ですから、家庭に合った方法での御別れをすることが大切です。元気なうちに終活ノートなどを準備することで故人の状況も分かりますし、御別れのシーンで困ることはありません。

続きを読む

年々葬儀の規模が小さくなって家族葬が人気に

2020年10月31日

人が亡くなれば、葬儀が行われるわけですが、年々小さい規模で行う人が増えています。芸能人であっても近親者だけで行うことが多くなっていますから、芸能人以外の人となれば、きっともっと多くの人が家族だけだったり仲の良かった人だけで行っているのかもしれません。人昔前までは、大勢の人が集まって故人を偲ぶことが多かったでしょう。しかし、故人が生前にこぢんまりとした葬儀で構わないと遺言を残しておくことがだんだんと多くなっているようです。

続きを読む

Blog Menu

Archive List